西洋占星術が未来予測に使う2つのホロスコープとは

- 西洋占星術が未来予測に使う2つのホロスコープとは

西洋占星術が未来予測に使う2つのホロスコープとは

西洋占星術には、ホロスコープと呼ばれる盤を使って運勢を占います。
星や太陽、惑星の動きなどを見て出生から未来までを予測しますが、2つのホロスコープを利用することでさらに精度を上げることができます。

ネータルは宿命的

西洋占星術は「生年月日・出生時間・出生地」から、その相手の性格や環境、本質を占います。
それを表す占術方法として、ネータルホロスコープと呼ばれるものを使います。
そこに記載されたものは、生涯のうちに必ず起こるものと言われています。
例えば、大きな財産を持つや素敵な恋人ができるなど、もちろん悪いことも入ります。
避けられないことなので、期待・不安になるかもしれませんが、年数が経つにつれて変化していく可能性があります。
しかし、どのように変化するのかはネータルでは判断ができません。

プログレスは運命を変える

西洋占いに「運命は変えられる」と、前向きな文言があるのは、このプログレスホロスコープを用いるからです。
プログレスは、誕生日から1日ごとに惑星の位置を算出して、どのように変化をしていくのか見るためのものです。
つまり「これから」の運勢を占うので、過去の状態は正確に判断ができません。
ただ現在の状態や指定した状態を占う場合には効果を十分に発揮します。
あくまでも、状態なので、動きに変化があれば、運命も出したものとは変わるということになります。

2つのホロスコープでより正確に

ネータルとプログレスを使うことで、より正確に状態が把握することができます。
なので、もしネータルの運命が仮に悪くても、プログレスでどのように動いて解決の糸口を見つけることも可能となります。

Copyright(C)2016 占いで悩みを一気に解決!西洋占いが人気の秘密とは!? All Rights Reserved.