相性を事前に把握!西洋占星術のアスペクトについて

- 相性を事前に把握!西洋占星術のアスペクトについて

相性を事前に把握!西洋占星術のアスペクトについて

西洋占星術は、自身の本質・性格を判断して運勢を切り開らくだけではなく、相性を占います。
そのテクニックに「アスペクト」というものがあります。
アスペクトは、それぞれに対して影響があるかどうか診断するので、事前に占うことで非常に役立ちます。

角度によって吉凶が分かる

アスペクトの解釈は占い師によって多様ですが、惑星同士を3つ以上結ぶと角度ができます。
その角度の広さと数で吉凶を占います。
その角度は0〜180度となっており、角度が広がったり、角度が狭いと不調和になります。

性格によって変わる

不調和と言っても、惑星同士の性格により、調和に働くこともあります。
ただ、アスペクトを使う際には、大抵は真逆の性格に対して不調和の角度になることが多いです。
また、現在が悪くても、惑星や星座の位置が変化したときに、影響力も反転することもあり得ます。
未来予測するなら、時間や日付などの流れをみて、時期に合わせて相手と接触するというのが最適です。
もちろん、不可避な場合には、相手の性格を調べたうえで行動すればトラブルも回避しやすいですね。

惑星と星座に注目して

アスペクトを理解するために大事なのが、自身と相手の「本質」と「外見の性格」を見つけることです。
つまり、惑星と星座の組み合わせで行動パターンや性格が分かるので、相性が調和・不調和な際にも行動がしやすくなります。
ぜひ、アスペクトを使って、自身の運勢を開いたり、将来の行動を広げてみて下さい。

Copyright(C)2016 占いで悩みを一気に解決!西洋占いが人気の秘密とは!? All Rights Reserved.